小顔になる注射

先日、なんとなくテレビでミヤネ屋をみていたら、二重あごに対する注射での治療薬が近くFDAの認可を受けそうだという話題を取り上げてました。続けていけばアゴのたるみが取れますよというものでした。
ただ、その方法は現在当院でも行っている脂肪融解注射と同じ方式で一定間隔ごとに注射を行っていくもので、正直あまりおすすめしません。

というのもこれまで脂肪融解注射については当院でも行っているとは積極的には宣伝しないできました。他の美容系医療機関で行われていると遜色ない技術と薬液で提供出来るのですが、まず自身で試してみたときに想像以上に痛かったんですね。(><)
こんな痛い思いを毎週のように計6回ほども希望する人などいないだろうと長らく寝かせたままにしていました。(近く正式な話題にします)

ミヤネ屋では痛みこそ話題にされませんでしたが、度々注射針を刺すためだろう出血や腫れはままみられる上に場合によっては麻痺などが残る(肌に触られるなどの感覚が鈍くなる)と言われてました。(心の中で偶発症多すぎ!とつっこみが。。。)

ところで当院ではお腹などと同じく痛いだろうと勝手に想像し、寝かせていた顔の脂肪溶解注射(BNLS)技術があります。
これは韓国から技術を教えに来たDr.が韓流スターの多くに自身が施術してきたというのを間近に直接勉強してきたのですが、刺す回数は非常に少なく(アゴなら2カ所程度)先端が丸い針で皮下組織の空間を広げた後に薬液を注入する方法です。

二重あごだけでなく、アゴ全体のラインや鼻の輪郭をシャープにすることが可能です。
行ってみたところ、1回注射しただけで3日ほどすると施術部位の印象が劇的に違う方が数人出てきました。(施術の現場はみていましたが、効果は施術前後の写真しか確かめる術がなかったもので)
効果もかなり永続的ということで、施術された方も痛みはほとんどなく薬液が入ったところが数日重い感じがするとのことでした。

これは使える!ということでブログにお目見えです。
出血もほぼゼロで腫れることもなさそうです。なので、先のミヤネ屋に出た方法は試すことなくここにたどり着いてほしいように思います。
モニターとなってくれた方が大阪でこんな施術を受けてきたけど、松山で出来るところないよね?とうちに別の治療にきてボソッとこぼしてくれなければ永久に封印された技術だったかもしれません。うちで出来なくはないけどやってみる?と言う話にのっていただいてひたすら感謝です。

フェイスラインでお悩みの方は多いと思います。
この注射で小顔にしてみませんか?
(お腹にもこの薬液を使えばいいのじゃないかと考えましたが、韓国のDr.が言うには顔以外の部位に使うにはもったいないとのことでした。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です