脱毛、シミ、ホクロ取りなどご用命があれば

これまでもこれの治療は提供させていただいていたのですが、数ヶ月前に脱毛用レーザーをバージョンアップいたしました。
今までの機械とできることも仕組みも同じで、手元の照射部にファンがついて耐熱性が上がったことと連射ができるくらいの違いなので
無理に購入しなくても?と購入前にはスタッフの声が耳に痛かったのですが、大きな違いは厚生労働省が脱毛の手技に使用してよい機械として正式に認可を与えたこと。現在はまだこのお墨付きをいただいたのはこの機械だけかと思います。

では、他の機械で脱毛をすると違法なのか?施術行うこと自体は違法でないのですが、広告のしようによっては違法とされてしまうのです。
なので厚生労働省の意向に沿うべく急ぎ購入いたしました。もう法に触れるのは極力避けたいですから。。。
ということで厚労省認可の医療脱毛装置を用いておりますので、安心してご利用いただけますと幸いです。
“脱毛、シミ、ホクロ取りなどご用命があれば” の続きを読む

診療は変わらず続けさせていただいております。

しばらく更新するつもりはなかったのですが、現在も診療をしているのかと問い合わせをいただくことが多かったのでお返事します。
厚生労働省により一時差し止められたのは臍帯血に関わる診療行為であり、再生医療法に従って届け出てしております免疫療法も含めた診療行為を差し止めるものではないと正式にお返事いただいておりますので、これまでと変わらず診療は続けさせていただいております。
臍帯血についてはマスコミ等に取り上げられた5件がすべてであり、昨年10月以降当院はまったく関わっておりません。
マスコミの方から臍帯血医療を再開するつもりは?と何度も聞かれましたが、届け出て許可を受けることができれば理論的には提供可能かもしれませんが、臍帯血の入手方法などのノウハウも一切持ち合わせておりませんし、そのつもりは今後まったくありません。

ただ、更年期症状等で提供しておりましたプラセンタ注射についてを停止されたと誤解されている患者様も多い様子ですが、プラセンタは胎盤抽出成分で臍帯血とは異なります。これも変わらず提供させていただいております。
当初、予測しましたように報道を受けて当院より離れていった患者様もいらっしゃいます。これも判断と受け入れております。
求めのある治療は何でも提供するというつもりは元よりありませんが、できるだけ積極的に応じたいとした結果が今回に至ってしまいました。
引き続き通院いただいている患者様にひたすら感謝し、自身は今後ますます自重して診療に取り組んで参りますのでなにとぞご容赦ください。

初心にかえり

思いもよらずいきなり犯罪者となったことで勢いに任せいろいろ書いてきましたが、法律を理解する能力がなかったのも私、届ける必要なしと最終的に判断したのも私、治療を行ったのも私です。他の誰が悪いわけでもありません。
これまでの投稿は誰かに自分に非がなかったと認めてほしかったのでしょう。
他をあげつらうような発言もありましたので削除といたしました。
今後は当初に述べましたとおり、なんらかの処断が下されるまでおとなしく待つことにいたします。

これまで患者さんから求めがあり、提供できるものであれば頑張って提供したい。そのポリシーで突き進んできました。
今回の事案も患者さん側から求めがあってのものでしたが、健康被害などは確認できた範囲では生じておらず効果を感じているとの声を聞くこともできたことは幸いでした。

変わらず通ってくださる患者の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は新しいことに取り組むことは自重し、現在までに身につけた技術で精一杯患者さんの求めに応えていきたいと考えております。

制汗剤の機能向上しました。

近頃ニベアなどから日本でも広まりつつある汗腺にふたをして発汗を抑える制汗剤、以前にこのブログで当院で扱っている製品をご紹介しました。
現在、日本の製品は基本24時間で毎日使用する必要があります。
当院の制汗剤はこれまで3日間の効果と説明しておりましたが、このたび改良され5日間の持続が可能となりました。
しかも刺激性のより低いものとなり敏感肌の方でも使用しやすくなっています。
以前の製品でもワキガ臭も抑えてくれるとして旦那様用に追加して購入いただいたこともあります。
汗をかくシーズンとなりました。試してみられませんか?

皮膚科ではないのですが-その1- 肝斑治療

当院が医療用レーザーを使用して脱毛やシミ取りに取り組んでいるのはご存じの通りですが、シミを扱っているため肝斑への治療をとの声が高く治療薬の取り扱いを始めました。v(^^)v
肝斑とは30-40歳頃に女性ホルモンのバランスなどに関連して生じてくるシミで、最近はトーニングと呼ばれるレーザー治療が効果が認められるようだと言われ始めておりますが(残念ながら当院ではトーニング用の機械を持っていません)、主流としてはトラネキサム酸の内服とされています。

一部の皮膚科では違う病名をつけて処方を行っているところもあるのですが(現状は法律で禁止されている行為です)、その場合病名を偽っているために多くは投与量が半分ほどとなってしまっています。(~~)
当院では自費診療の扱いとさせていただき、充分量のトラネキサム酸と希望があればその他2種類の薬を組み合わせて肝斑治療にも取り組むことにいたしました。(^^)
“皮膚科ではないのですが-その1- 肝斑治療” の続きを読む

ラジオ番組収録4

ラジオ番組に話題提供させていただくのも今回でいったん終了となりました。
ラジオ局によれば好評いただいているとのこと、本当にありがたく思っております。
最後の話題は、当院で取り組んでいる自由診療として脱毛やシミ取りレーザー他の話にしました。
内科医として通常の診療は真剣に取り組んでいるつもりですが、これは当たり前のこととして興味を持っていただくには力不足と考えました。
これからも日常生活でのちょっとした悩みにも積極的に取り組む姿勢で頑張りますのでよろしくお願いします。

レーザー治療、一時休止。。。(><)

つい先日、スタートをうたったばかりのレーザー治療ですが、出力の安定性に不安があるため、しっかり整備いただくこととなりました。(TT)
大きなトラブルではなく頻回に出力校正が必要になることから、使えないわけではないのですが治療に時間がかかることがあるので(それでも局所麻酔剤塗布など必要としない分、エステなどで行うよりはるかに早いのですけど)黒いものにしか反応しないとはいえ、治療に伴いやけどなど起こしては大変ですから検査していただくことにしました。
さらに使いやすくなって帰ってくる日をお待ちください。(最長でも1ヶ月以内とうかがってますので治療を考えてらした方、今しばしお待ちください。)

このブログにも読者がいてくださると先日知る機会があり、今後ますますアップしていこうと考えてますのでよろしくお願いします。m(__)m